広報みよし8月
3/36

問 環境政策課環境政策係  ☎(0824)62-6136  (0824)62-6397  kankyo@city.miyoshi.hiroshima.jp 今年はレモンさんを迎えて、学校・地域・家庭がつながることについて考えます。保護者の皆さんをはじめ、多数のご参加をお待ちしています。●と き 9月7日(土) 13時(開場12時30分)●ところ 三次市文化会館大ホール●内 容 事例発表・レモンさんによる講演レモンさんプロフィール 本名 山やま本もとシュウ。レモンの被り物をしてPTA会長を5年務めた。職業はDJ。エイズ予防や献血推進プロジェクトリーダーとなり、「We are シンセキ!」を合言葉に、人と人とのつながりの大切さを訴えている。※未就学児の託児室がありますので、お子さん連れでご参加ください。問 平成25年度  三次市PTA連合会事務局  十日市中学校(山田教頭) ☎(0824)62-2856 (0824)63-8155 tohkaichi-j@city.miyoshi.hiroshima.jp平成25年度三次市PTA連合会研修大会「つながる」~子ども、保護者、先生、地域の人~開催入場無料犬・猫による迷惑をなくしましょう! 犬や猫を放すと、よその家の庭や畑を荒らしたり、人を咬んだり、車に傷をつけたりと、多くの人に迷惑をかけます。また、野良犬・野良猫に無責任にエサを与えていると、放し飼いにしているのと同じことが起こり、他人に迷惑をかけます。子犬・子猫を産んで、致死処分されることもあります。かわいそうに思われるなら、責任を持って飼いましょう。こんな苦情が寄せられています※三次市では、愛がん動物のフンのポイ捨てを条例で禁止しています。●家の外で放し飼いにしている。●犬の散歩中にリードを長くする、リードをつけない。注意しても「うちの犬は咬まない」と言って取り合わない。●フンの始末をしない。●よその猫が小屋や屋根裏で子猫を産む。●放し飼いの猫が車に傷をつけた。●放し飼いの猫が発情期に群がって鳴く。飼い主の方へ鑑札や迷子札、マイクロチップをつけましょう犬は、狂犬病予防法で犬鑑札と狂犬病予防注射済証を装着する義務が定められています。猫は、飼い主の住所・名前・電話番号を書いた「迷子札」をつけましょう。飼い犬・飼い猫が迷子になったときには「いつか帰ってくるだろう…」と思わず、すぐに次のところに問い合わせましょう。広島県動物愛護センター (☎0848-86-6511)三次市役所(環境政策課)三次警察署(☎0824-64-0110)動物病院不妊去勢手術を受けさせましょう飼い主・動物どちらも、発情期の心身のストレスが軽くなります。 ※発情期特有の鳴き声、けんか、マーキング等がなくなります。望まない妊娠による増殖や致死処分がなくなります。生殖器関連の病気になる危険性が低くなり、結果的に寿命が延びます。広報みよし No.1133三次市からのお知らせ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です