プランター野菜づくりノート
16/68

次々と実がなるので、早めに収穫しましょう。実が大きくなると栄養を使いすぎ、株の寿命が縮まります。また、市販のものよりやや小さめの実のほうが甘く、やわらかです。収穫最初に花の付いた枝と、そのすぐ下の枝2本を残した3本仕立てにします。それ以外のわき芽を残すとそちらに養分が取られるので、早めに摘み取りましょう。芽かき実を付けはじめた頃から2週間に1回追肥を与えましょう。元肥はあった方が良いですが、無くてもそだちます。肥料果 菜シシトウナス科トウガラシ属発芽適温は気温15~20℃くらいの頃、点まきで3〜4粒まきます。65号プランターの場合、2株程度が実もたくさん採れて適当です。土が乾燥すると花が落ち実らなくなります。土が乾く前にたっぷり与えるようにします。肥料が多すぎると実が付きにくく、アブラムシが大量発生することがあるので気をつけましょう。実がたくさん付くと重さで傾きやすくなるので、支柱で支えてやります。種まき気をつけることシシトウは1株から30個以上収穫できます。病気に強く、初心者の方にはお薦めの野菜です。きちんと水と肥料を与えれば、約2カ月の間収穫を楽しめ、他の野菜より収穫量も多めです。病気 ウイルス病・モザイク病 害虫 アブラムシ・ハムシ15℃〜25℃20℃〜25℃前後※地域により、気候・土壌に大きく差がありますので、本書の栽培方法・栽培時期は、栽培される地域の気候や土壌、慣行法などを参考にして利用してください。月123456789101112栽培作業手入れ作業記録欄種まき 植えつけ 収穫追 肥発芽し本葉が2~3枚に成長した頃、一番元気な苗だけ残し、形の悪いもの、徒長しているものを間引きし、1株にします。間びき日陰でも可ハウス越冬2カ所65〜60号60〜90日後14

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です