野菜づくりノート
26/68

誘引・摘心株のまわりに十分灌水する植えつけ根鉢を崩さないようていねいにポットから抜き取り、植えつける70㎝50㎝子ヅル、孫ヅルは本葉2枚を残し、その先で摘心するツルの伸びはきわめて早いので、垂れ下がらないうちに早めに誘引する伸びてきた子ヅルはひもに誘引する〈通常の支柱の場合〉子ヅル摘心親ヅル子ヅル摘心良い苗の選び方・特徴キュウリは水分が大事な野菜で、実がなり始めた頃に、水分が不足すると実が曲がります。つぎ木(カボチャ、ユウガオ)の苗を育てると良いです。種まき時期5月頃苗を購入して植えるか、種をまいて育てます。ポリ鉢に種を3粒まき、本葉1枚の時に1本立てにし、その後、本葉4、5枚の苗に仕上げます。畑づくり苦土石灰をまいて堆肥をやります。化成肥料は元肥として10㎡あたり2㎏をまき、良く耕します。90㎝幅の畝を作り、通路を90㎝とします。植えつけ晩霜の無くなった頃、本葉4、5枚の苗から根鉢を崩さないように植えつけます。株間70×キュウリ50㎝くらいであまり深植えにしないほうが良いでしょう。手入れツルの伸びはきわめて速いので、垂れ下がらないうちに早めに誘引します。子ヅル、孫ヅルは本葉2枚を残し、その先で摘心します。肥切れさせないように15~20日おきに化成肥料を与えます。収 穫幼果から大果まで食べられるので、好みや草勢に応じて大きさを変えて楽しむのも良いでしょう。できれば毎朝収穫し、木に負担をかけないように注意します。・植えつけは、4月下旬~5月上旬に本葉4~5枚の苗で行う。・支柱を立てて、ツルを誘引するのがポイント。栽培ポイント育苗栽培じかまき栽培作業記録欄春まき夏まき月123456789101112種まき期植えつけ期収穫期種 類科 目原産地難易度 果菜類ウリ科インド易難普※地域により、気候・土壌に大きく差がありますので、本書の栽培方法・栽培時期は、栽培される地域の気候や土壌、慣行法などを参考にして利用してください。24

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です