野菜づくりノート
34/68

種まき・植えつけ180㎝30㎝80㎝育苗した場合じかまきの場合ポリフィルムでマルチし、穴をあけてじかまきするマルチをしない場合より約半月生育が早まる90㎝60㎝30㎝45㎝良い苗の選び方・特徴イネ科作物なので、連作障害を避けるための畑のローテーションに最適。種まき時期じかまきの場合、マルチ栽培は4月中旬、無マルチ栽培は4月下旬からまけます。育苗して植えつける場合、3月下旬ころ、ポットに種まきします。畑づくり苦土石灰、堆肥と化成肥料を10㎡あたり1.5㎏全面に施し良く耕します。うね幅は、75~90㎝に作ります。マルチ栽培は、うね幅70㎝、通路50㎝程度に作ります。種まき・植えつけ種まきは1カ所3粒まきにします。マルチ栽培では条間45㎝、株間30㎝の2条まきとし、無マルチ栽培では株間30㎝とします。発芽したら、発育の良い1株を残して間引きします。植えつけの場合、本葉3、4枚、草丈10㎝になったら植えつけます。手入れ本葉5、6枚になったら、無マルチ栽培では中耕土寄せをして、倒伏を防ぎます。草丈70~80㎝に伸びた頃2回目の中耕土寄せをしてやります。穂が何本も出てきますが、最上部の雌穂1本だけ残し他は取り除きます。穂が10㎝くらいの時に摘除し、ヤングコーンとして利用しても良いでしょう。収 穫トウモロコシ雌穂の絹糸が出てから3週間くらい、毛が茶色にちぢれた頃が収穫の適期となります。つかんで中の手ごたえを確かめて収穫します。早すぎると水っぽく、遅すぎると硬くなってしまいます。・実入りを良くするには、30~40株程度をまとめて栽培するようにする。栽培ポイント関東以南(一般地帯・温暖)東北・北海道・日本海側作業記録欄月123456789101112種まき期収穫期種 類科 目原産地難易度 果菜類イネ科メキシコからアメリカ北部易難普※地域により、気候・土壌に大きく差がありますので、本書の栽培方法・栽培時期は、栽培される地域の気候や土壌、慣行法などを参考にして利用してください。32

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です