野菜づくりノート
44/68

油粕畑の準備・元肥入れ植えつけ油粕〈畝の長さ1m当たり〉化成肥料・油粕 各大さじ5杯堆肥 7~8握り植えつけ日が近づいてきたら、畝全体にばらまき、15~18㎝の深さによく耕す40㎝植えた後、株のまわりに十分かん水する植え穴を掘って1カ所に2株ずつ植える40~60㎝早生種は狭く、中・晩生種は広く良い種の選び方・特徴結球種、半結球種があり、じかまきの場合、一般地帯では通常秋まきにしますが、高冷地や冷涼地では春~秋まきとします。種まき時期一般地帯の秋まきでは、8月中~下旬頃に、高冷地や冷涼地では、6~8月にまいて、8~10月頃まで収穫することができます。畑づくりじかまきの場合、畑には、化成肥料を10㎡あたり2㎏程度と苦土石灰、堆肥を施し、良く耕しておきます。種まき種まきは、うね幅60~70㎝につくり、株間40~60㎝でまき穴を作ります。種8~10粒を重ならないようにまき、覆土して土の表面を籾殻か堆肥で覆います。植えつけ本葉4、5枚の苗を2株1カ所に深植えにならないように注意しながら植えつける。完全に根付いたら元気の良い方を残し1本立てにする。手入れ1回目の間引きは、種まき後15日頃に3本立てにし、2回目は、種まき後20日頃1本立てとします。追肥は、種まき後1カ月頃、化成肥料を株のまわりの土に少量混ぜる。また、結球開始前にも1回目と同量の追肥を施します。収 穫夏まきでは、種まき後70~80日で収穫できます。頭を押さえて硬く締まっていたら収穫時期です。また、外葉を縛っておくと寒さに良く耐えるので、遅くまで畑に置くことができます。ハクサイ・気候的に冷涼を好み、15~20℃が生育適温。耐寒性強いが耐暑性は弱い。・大きな玉にするためには、肥料を良く効かせ生育を早める。栽培ポイント秋まき栽培高冷地、冷涼地作業記録欄月123456789101112種まき期植えつけ期収穫期種 類科 目原産地難易度 葉茎菜類アブラナ科中国北部易難普※地域により、気候・土壌に大きく差がありますので、本書の栽培方法・栽培時期は、栽培される地域の気候や土壌、慣行法などを参考にして利用してください。42

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です